動画制作の備忘録ブログ

PANGAEA

After effects 実践編

【After Effects】チェックボックスアニメーションの作り方

更新日:

こんにちは。

動画制作を勉強中のマエポンです。

本日は、After Effectsでチェックボックスを使ったアニメーションの作り方について説明したいと思います。

↓こんな感じ。

 

チェックボックスの作り方

最初にチェックボックスのボックス部分から作っていきます。

まず、「角丸長方形ツール」でボックス部分を作ります。
長方形の枠線と内部の色などの調整は、レイヤーのプロパティの[線]や[塗り]で調整することができます。

【After Effects】チェックボックスアニメーションの作り方1

次に、シェイプレイヤーで作った長方形の[線幅]に下記のようにキーフレームを打って長方形の枠線が消えるアニメーションを作ります。

[線幅]
00:00:20 → 40%
00:01:00 → 0%

【After Effects】チェックボックスアニメーションの作り方2

同じように長方形パスのスケールと塗りの不透明度にもキーフレームを打ちます。
[長方形パス]は、小さくなる線幅の分を補うような感じでスケールを大きくするようにキーフレームを打ちます。

[スケール]
00:00:20 → 402%
00:01:00 → 433%

不透明度に関しては、最初は透明から始まり、最後に不透明度が100%になるように調整します。

[不透明度]
00:00:20 → 0%
00:01:00 → 100%

【After Effects】チェックボックスアニメーションの作り方3

これでボックス部分ができました。

次に、ペンツールを使ってチェックマークの形を作ります。
※"シェイプレイヤー1"を"ボックス"という名前に変更してます。

【After Effects】チェックボックスアニメーションの作り方4

チェックマークにパスのアニメーションを付けるために、コンテンツの右横にある[追加]から[パスのトリミング]を追加します。

【After Effects】チェックボックスアニメーションの作り方5

[パスのトリミング]の[終了点]を下記のようにキーフレームを打ちます。

[終了点]
00:00:20 → 0%
00:01:00 → 100%

【After Effects】チェックボックスアニメーションの作り方6

そして、ボックスレイヤーのトラックマットを”アルファ反転マッド”に変更することでアニメーションがほぼ完成します。

【After E7ffects】チェックボックスアニメーションの作り方

あとは、チェックボックスの外までチェックボタンを出したいのでそれを整えていきます。

【After Effects】チェックボックスアニメーションの作り方8

 

チェックマークとボックスのレイヤーを複製し、複製したレイヤーの上下を入れ替えます。
そして、チェックマーク2のトラックマットを”アルファ反転マッド”に変更することでボックスの外の部分までチェックマークが表示されるようになります。

※「ボックス2」と「チェックボックス2」の順番が違うときちんと表示されないので気を付けましょう。
また、複製した際に左側にある"目のマーク"のチェックが外れているとプレビュー画面に表示されないのでそこも忘れないようにしましょう。

【After Effects】チェックボックスアニメーションの作り方9

あとは、最後にイージーイーズをかけたりチェックマークの開始点をずらしたり微調整して完成になります。

まとめ

今回は、チェックボックスを使ったアニメーションの作り方でした。

動画広告とかでも結構使えると思うのでオススメです。
(一度作れば使いまわせますしね。笑)

それではまた。

-After effects, 実践編

Copyright© PANGAEA , 2019 All Rights Reserved.