動画制作の備忘録ブログ

PANGAEA

After effects Premiere Pro 基礎編

「Premiere Pro」と「After Effects」をDynamic Linkで連携する方法

更新日:

こんにちは。

動画制作を勉強中のマエポンです。

本日は、Premiere ProのデータをAfter Effectsで編集したりするDynamic Link(連携)について説明したいと思います。

Premiere ProとAfter EffectsをDynamic Linkで連携する方法

Premiere Proで編集中のデータをAfter Effectsで編集する方法

まず、タイムライン上にあるクリップを選択した状態で右クリックを押して「After Effectsコンポジションに置き換え」をクリックします。

※複数のクリップをAfter Effects上でまとめて編集したいときは、クリップを全部選択した状態で「After Effectsコンポジションに置き換え」をクリックします。

すると↓のような画面になるのでプロジェクトファイル名を保存します。

ファイル名を保存すると↓の写真のようにAfter Effectsの管理画面が開き、先ほど指定したPremiere Proのクリップが読み込まれているのが確認できます。

After Effectsに読み込んだ素材に編集を加えると、なんとPremiere Proの方にも編集が反映されるようになります。

例えば、↓の写真のようにAfter Effects上の素材にテキストを追加します。

すると、Premiere Proにも追加したテキストが反映されているのが確認できます。

Premiere ProでAfter Effectsの既存のコンポジションファイルを読み込む方法

Premiere Proの[ファイル] → [DynamicLink] → [After Effectsコンポジション読み込み]をクリックします。

すると↓の画面が出てくるので読み込みたいコンポジションファイルを選択します。

OKボタンを押すとコンポジションファイルが読み込まれるので、このファイルをドラッグしてシーケンスにクリップを入れるとそのまま編集することができます。

After EffectsでPremiere Proのシーケンスを読み込む方法

After Effectの[ファイル] → [Adobe DynamicLink] → [Premiere Proシーケンスの読み込み]をクリックします。

次に、ファイル選択画面が出てくるので読み込みたいプロジェクトのシーケンスを選択してOKボタンを押します。

すると、プロジェクトファイル一覧のところにファイルが取り込まれているので、そのファイルをドラッグしてコンポジションに追加することでAfrter Effects上で編集することができます。

After Effectsで編集中のファイルをPremierProで読み込む方法

After EffectsのコンポジションファイルをPremiere Proにドラッグして移動することにより、Premiere Proの画面上でAfter Effectのファイルを開いて編集することもできます。

Premiere ProとAfter Effectsを連携する方法のまとめ

今回は、Dynamic Linkを使って「Premiere Pro」と「After Effects」を連携する方法についての説明でした。

Premiere ProとAfter Effectsを連携させることで、何度も書き出ししたり映像を修正したりする手間などが省けるのでかなり便利な機能となっています。

ぜひ活用してみてください。

それではまた。

-After effects, Premiere Pro, 基礎編

Copyright© PANGAEA , 2019 All Rights Reserved.