動画制作の備忘録ブログ

PANGAEA

After effects 基礎編

【After Effects】タイムリマップを使って動画素材をループさせる方法

更新日:

こんにちは。

動画制作を勉強中のマエポンです。

今回は、After Effectsのタイムリマップという機能を使って動画素材をループさせる方法について説明したいと思います。

タイムリマップというのは時間の伸縮をしたり、コマ(フレーム)を固定したりすることができる機能です。

このタイムリマップという機能を使うと素材のループがとても簡単にできるのでぜひ使ってみてください。

※所要時間は1分程度です。

こんな感じ↓

関連記事

【After Effect】タイムリマップと時間伸縮を使った「スローモーション」と「早回し」

【After Effects】動画を逆再生させる時間反転レイヤーとキーフレーム反転

 

動画素材をループさせる方法

素材の準備

まず最初に、ループさせたい動画の元素材をタイムラインに入れます。

タイムリマップ ループ1

 

次に、動画素材でループさせたいところだけを残します。

(素材の両端をドラッグしてトリミングするか、カット[ctrl + shift + D]することで必要な部分だけを残すことができます。)

タイムリマップ ループ2

 

素材にタイムリマップを適用する

準備した素材にタイムリマップを適用していきます。

素材を右クリックするとメニューが出てくるので

「時間」→「タイムリマップ使用可能」

をクリックしてください。

タイムリマップ ループ3

 

すると、このようにキーフレームが出てきます。

タイムリマップ ループ4

このキーフレームを動かすことで時間を伸縮することができますが、今回はループ機能を使うので一旦そのままにしておきます。

この状態で素材のインポイント(開始地点)とアウトポイント(終了地点)にキーフレームを打ち、最初に出てきた二つのキーフレームを削除します。

タイムリマップ ループ5

タイムリマップ ループ6

 

タイムリマップ横にあるストップウォッチを [alt] を押しながらクリックするとエクスプレッションが使えるようになります。

タイムリマップ ループ7

 

[エクスプレッション:タイムリマップ]の横にある再生ボタンのような物をクリックするとメニューが表示されるので

「Property」 → 「loopOut(type = "cycle", numKeyframes = 0)」

を選択します。

タイムリマップ ループ8

 

[loopOut(type = "cycle", numKeyframes = 0)]というのは、「キーフレームの範囲の動きがその後もずっと繰り返されますよ」というコマンドになります。

タイムリマップ ループ9

 

あとは、繰り返したいところまで素材を伸ばしてあげれば、キーフレームが打たれている範囲の動画がずっと繰り返されます。

タイムリマップ ループ10

 

まとめ|素材のループはタイムリマップを使うと簡単

今回はタイムリマップを使って動画素材をループさせる方法についての説明でした。

タイムリマップはループ機能以外にも時間の伸縮を調整することもできるので、スロー動画や早回し動画を作成するときにも便利な機能です。

簡単に使える機能なのでぜひご利用ください。

それではまた~

-After effects, 基礎編

Copyright© PANGAEA , 2019 All Rights Reserved.