動画制作の備忘録ブログ

PANGAEA

After effects エクスプレッション 基礎編

【After Effects】素材の位置を中間にキープする方法

更新日:

こんにちは。

動画制作を勉強中のマエポンです。

本日は、After Effectsで素材をどんなに動かしても中間位置をキープする方法について説明したいと思います。

↓こんな感じ。

 

素材の位置を中間にキープする方法

まず、素材を3つ準備します。
(中間の素材を"中間素材"というレイヤー名にします。)

【After Effects】素材の位置を中間にキープする方法1

次に、中間に挟まれるレイヤーの位置プロパティに下記のエクスプレッションを追加します。
(エクスプレッションの追加方法は、左のストップウォッチマークを”[alt]+クリック”です。)

(thisComp.layer("シェイプレイヤー 2").transform.position+thisComp.layer("シェイプレイヤー 1").transform.position)/2

この記述は"二つの素材の位置(XY両方)を参照してその中間の値を取る"という意味になります。【After Effects】素材の位置を中間にキープする方法2

これで、両サイドの素材をどのように動かしても中間位置をキープしたまま素材が動くようになります。

【After Effects】素材の位置を中間にキープする方法3

 

X位置だけ(Y位置だけ)中間位置をキープする方法

先ほどのやり方を少しだけ応用して、X位置のみ(もしくはY位置のみ)で中間をキープすることもできます。
今回はX位置のみキープする場合について説明します。

まず、X位置のみをエクスプレッションに参照させるためにXYの次元を分割します。
次元分割の方法は、位置プロパティを選択したまま右クリックを押して[次元を分割]で適応されます。

【After Effects】素材の位置を中間にキープする方法4

すべての素材の位置プロパティを次元分割したら、中間素材の[X位置]でエクスプレッションを追加して下記内容を記述します。

(thisComp.layer("シェイプレイヤー 2").transform.xPosition+thisComp.layer("シェイプレイヤー 1").transform.xPosition)/2

これは"二つの素材のX位置だけを参照してその中間の値を取る"という記述になります。

【After Effects】素材の位置を中間にキープする方法5

これにより、X位置の動きは常に中間を保ちますがY位置の動きは影響を受けないようになります。

以上、素材をどんなに動かしても中間位置をキープするでした。

それではまた。

-After effects, エクスプレッション, 基礎編

Copyright© PANGAEA , 2019 All Rights Reserved.